やんそのお母さん2年生記録

現在育休中。男児(0歳)を育てる新米ママブログです

夫のいない初めての夜

はじめに…

  パパは平日お仕事をしているから、夜に赤ちゃんが起きて泣いても、ママ1人で対処するのが当たり前の人が多いと思います。完母なら尚のこと。だから甘ったれんな!と思われるかもしれませんが、うちは夫も夜一緒に起きて手伝ってくれています。ミルク育児のため、息子がお腹を空かせて起きると、私がオムツを替えている間に夫がミルクを作る…といった具合に、連携してやっていました。夫いわく、

「手伝って早く寝かせたほうが、おれも寝れるから。」

とのことです。

 たしかにいつまでも隣で泣かれていては、眠れませんからね。笑

 

夫のいない初めての夜が…!

  2人で協力して毎日夜を乗り切っていた私たち。相変わらず息子はまとめて寝てくれず、どうしても夜中に2〜3回起きます。

  しかし先週、結婚式のために夫が一晩帰ってこないという事態が発生しました!頑張れば終電で帰ってこられるのに、なんでぇ!!と喧嘩になりましたが、遅かれ早かれ、出張かなんかで夫がいない夜がいつかはやってくる…いつも1人で頑張っているママだっていっぱいいるのに泣き言言ってちゃだめだよな……と思い、渋々了承しました。

 

結論  なんとかなった!

  寝かし付けから、次の「起きる」にすぐ対応できるよう、万全の体制を整えて自分も眠りました。

  1. ミルクをカップに詰める
  2. ポットのお湯残量確認
  3. 湯冷まし準備
  4. 哺乳瓶除菌
  5. 熱湯でミルクを規定量作っておく

 

  1. カップとは、ダイソーで買ったこちら。

f:id:yansomam:20190131225315j:image

とっても便利です!測っておけば、急いで作る時も楽チン。

特にうちの息子は1回で180ml飲むので、9さじぶんもありますから、いちいち測っていると時間がかかります。

 

  また、5. の熱湯でミルクを作っておくというのは、冬だから大丈夫だろう…どうせあと2時間したら起きるからその頃には適温になっているはず…という試みでした。思った通り、さっと飲ませることができ、寝ぼけたまま飲んですぐ寝てくれました!

 

 そんなこんなで、結局3回起きたかな…

 無事に朝を迎えられました。心細い夜だったけど、目を覚ましてニコニコする息子を見て、疲れが吹っ飛んだ朝でした(*´ω`*)

 

 夫がいなくても楽勝!…ではないですが、なんとかなることがわかったので、少し自信がつきました!